So-net無料ブログ作成
検索選択

『シラノ』初日 VOL.1 [観劇記 (2009年)]

日生劇場 17:30
B席2階J列

台本・作詞◆レスリー・ブリッカス
作曲◆フランクワイルドホーン
演出◆山田和也

出演◆シラノ・ド・ベルジュラック : 鹿賀丈史   ロクサーヌ : 朝海ひかる
     クリスチャン・ド・ヌーヴィレット : 浦井健治   ル・ブレ : 戸井勝海
     ラグノー : 光枝明彦   ド・ギッシュ伯爵 : 鈴木綜馬
     佐山陽規 林アキラ 大須賀ひでき 中西勝之 金澤博 岡田静
     阿部よしつぐ 家塚敦子 池谷京子 今泉由香 岩田元 岩本貴文 大江尚毅
     岡本茜 神田恭兵 小関明久 小西のりゆき 髙橋桂 中山昇 福山
     矢守譲 山田展弘

“ワイルドホーン”の盛り上がる楽曲は好きなので、今回の『シラノ』も楽しみにしていました。
うぅぅぅぅーーーーーーーん[たらーっ(汗)]イマイチ。。。。

何よりも、歌が多いシラノとデュエット曲もあるロクサーヌの歌唱力が……お金取るレベルじゃないだろう。
周りの歌える方の楽曲が極端に少ないのにも、ちょっと残念さが残ります。
“鹿賀”さんは歌詞やセリフが半分くらいしか聞き取れないから、『シラノ』の世界に入り込みきれないんですよね。
シラノって言うよりも、“鹿賀”さんでした。
アンサンブルの男性陣が歌う迫力は、聞きごたえありましたが…見どころが少なくて消化不良の観劇となりました。
役者の使い方がもったいないなぁ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。