So-net無料ブログ作成
検索選択

デュラン・れい子さん「一度も植民地になったことがない日本」 [本]

一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)

一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)

今日、電車内で読んだ1冊。
日本人って、アメリカ贔屓(と私は思っている)。
もっと“日本”の国としての意見ってないのかい!?って思うことがあるんですよね。
日本人的微笑みでやり過ごす事とか、日本人的な人との関わりのルールってのは、長い歴史が関係していると思うので、国内では必要な事だと思うんです。
だけど、そんな日本的美徳をそのまま海外の方とのコミュニケーションに使えるわけがない。
日本じゃない所での、日本人としての在り方ってのはもっとしっかりと意識していかないといけないんだろうな…と思う。
ヨーロッパの方々から見た日本人の印象が、この1冊から垣間見れます。

結構おもしろくて、アッと言う間に読めちゃいました!!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

S4和

この本面白いですね。
長年海外で過ごした人だから書ける情報でいっぱいです。


ただ、KAWASAKI病を地名から取ったというのは間違いで、あれは日赤の川崎さんが発表したからなんです。
川崎市住民としては皆にもっと認識してもらいたいな~。

by S4和 (2008-04-26 10:30) 

テッサ

>S4和さん
はじめまして、書き込みをありがとうございます♪
海外に長年いると、日本人としての意識が高まるんでしょうね。

川崎病の由来は、私も不勉強でした。
1つ勉強になりました、ありがとうございます。
by テッサ (2008-04-29 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。