So-net無料ブログ作成
検索選択

『ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン』 [観劇記 (2007年)]

四季劇場[秋] 19:00
バルコニー席 3階2列18番

作詞◆ティム・ライス
作曲◆アンドリュー・ロイド=ウェバー

出演者はこちら



お世話になっている方の娘さんとの観劇♪
急遽のお誘いでしたが、チケットを買ってなくてどうしようかな~って思っていたので、ラッキーでした。

メンバーは、先日のジャポネスク版とあんまり変わらないですね。

やっぱり、“木村花代”ちゃんのマリアが見たかったなぁ~。
“高木”さんは…やっぱり自分の好みじゃないって事を再確認しちゃいました。

そしてヘロデ王が“半場”さん。
“下村”さんのインパクトが強すぎて、薄い印象のヘロデ王。
オペラうラスを覗くと、くっきり二重化粧が凄かったです(笑)

見ていて思ったのは、群衆の所はテープなの????って感じがしちゃいました。
そうじゃないとは思うけれども、何となくきれいに歌っているだけ…。
心まで届かないような印象なんです。
何というか…エネルギーが弱い感じなのかな??

ひさしぶりの劇団四季。
年々足が遠のいています。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。